男女比はカレーと福神漬けと同じくらい

マサカリよろしくお願いします。

Macで仮想環境を作ってUbuntuを動かしてみた

Macで仮想環境を作ってUbuntuを動かしてみたのでその方法をまとめておきます。

 

Macのバージョン 10.11.3

 

今回インストールしたもの

 

手順

VirtualBoxのダウンロード

Downloads – Oracle VM VirtualBox

VirtualBox 5.1 for OS X hosts」を選び「VirtualBox-5.1.0-108711-OSX.dmg」というファイルをダウンロードします。

 

Ubuntuのダウンロード

VirtualBoxのインストールを始める前にUbuntuのダウンロードを始めておきます。 

Ubuntu Desktop 日本語 Remixのダウンロード | Ubuntu Japanese Team

ubuntu-ja-16.04-desktop-amd64.iso(ISOイメージ)」を選びダウンロードします。

1.3GBあるので少し時間がかかります。

 

VirtualBoxのインストール

Ubuntuのダウンロードを待っている間にVirtualBoxのインストールを進めておきます。

先ほどダウンロードした「VirtualBox-5.1.0-108711-OSX.dmg」をダブルクリックすると「VirtualBox.pkg」なるものがあるはずなのでそれをダブルクリックしてインストーラを起動しインストールします。

f:id:euglena1215:20160719065631p:plain

アプリケーションからVirtualBoxを起動させてこの画面が表示されればインストールは完了です。

 

④仮想環境の設定

VirtualBoxの「新規(N)」をクリックして仮想環境の設定を行います。

f:id:euglena1215:20160719070033p:plain

 名前とタイプをバージョンを設定します。

名前はプルダウンになっていますが選択肢がないので普通に入力してください。

 

f:id:euglena1215:20160719070501p:plain

割り当てるメモリはなんとなく2GBにしました。

設定後も変更可能なので深く考える必要はないと思います。

 

 

f:id:euglena1215:20160719070815p:plain

仮想ハードディスクを作成します。

 

f:id:euglena1215:20160719070959p:plain

ハードディスクのファイルは「VDI」を選択します。

VDI,VHD,VMDKとはハードディスクとして保存するファイルの拡張子のことで

VDI : VirtualBox

VHD : VirtualPC

VMDK : VMware

で使われるものらしいです。

 

f:id:euglena1215:20160719072005p:plain

Ubuntuの処理速度を重視するのであれば固定サイズの方がいいと思いますが、今回はそこまで気にする必要がなかったので可変サイズにしました。

 

f:id:euglena1215:20160719072413p:plain

友人曰く8GBで問題ないとのことだったので8GBにしました。

これは設定後変更できないので注意してください。

 

f:id:euglena1215:20160719072718p:plain

この画面が表示されたら設定は完了です。

 

Ubuntuの起動

「起動(T)」をクリックしUbuntuを起動させます。

f:id:euglena1215:20160719072914p:plain

さきほどダウンロードしたUbuntuのisoを参照し起動させます。

 

f:id:euglena1215:20160719073122p:plain

Ubuntuをインストール」をクリックします。

 

f:id:euglena1215:20160719073247p:plain

Ubuntuのインストール中にアップデートをダウンロードする」を選択して続けます。

 

f:id:euglena1215:20160719073357p:plain

「ディスクを削除してUbuntuをインストール」を選択しインストールを開始します。

※仮想環境上のディスクを削除するだけでMacに入っているファイルが削除されるわけではないので安心してください。

 

注意!!

今起動しているメモリを浪費してそうなアプリケーションを切ってください。

僕はXcode,Processing,Chrome,Wordを起動したままインストールを開始した結果、途中でフリーズして最初からやり直しました。

 

 

f:id:euglena1215:20160719074035p:plain

Tokyoにして続けます。

 

f:id:euglena1215:20160719074121p:plain

キーボードで日本語を選択します。

 

f:id:euglena1215:20160719074551p:plain

コンピュータの名前、スーパーユーザーの設定をします。

 

f:id:euglena1215:20160719074733p:plain

するとインストールが開始し、インストール終了後再起動すると...

 

f:id:euglena1215:20160719074845p:plain

Ubuntuが起動できました。めでたしめでたし。

 

 

コマンドラインをビシバシ叩くのかと思ってたのですが、クリックで終わるんですね。

びっくりしました。